-

現金化する目的で電車等の切符等をたくさん購入する→クレジット現金化サービスというもの使わないで、自身で現金化を目的としてクレカを使用するということも同じです。キャッシュ化することを狙っているクレカの使用は、クレジットの契約内容違反扱いとなってしまうからです。必要以上の乗車チケットの他切手を購入する等におけるクレカ利用は、換金する目的では?などというように目をつけられる場合などもありますので、細心の注意が必須ですそれから、利用時点においてキャシング額の方がいっぱいになってしまっている人のケースは電車の乗車券等を決済することだけでもクレジット会社の方から電話が入る場合もあるから経済状態が悪い時の使用については不可となっているようです。金銭的に困った際において考える手段はみんな同じようなことです。クレジット発行会社から見て都合の悪い利用をする)以前に流行った『永久期間』であったりクレカの会社の立場からみてプラスとなり得ない不当な利用方法をした場合には、発行会社側から強制没収という扱いになる事実すらあります。インターネット上で話題になったクレジットポイントの不正搾取など多くの人には知れ渡っていない手段などというものが存在しても、そのような行為というものは間違えなくクレジットの規定に反する行為なのだからやってしまわないようにして欲しい。強制退会させられた個人情報は他のカード会社も知りうる)クレジットカードを強制失効させられた場合でも違うクレジットについては使えるから一つくらい問題ないのではないか??などと思っいる人、この時代の情報化社会にあってはその考えは信用を消失する危険があります。なぜかと言うと、まず強制没収させられてしまうという場合にっなってしまうとカードの会社が閲覧出来る個人情報に強制退会の情報が記載されることにより、事故を起こした人の社会的信用は大きく下がることがあるため。持っている一社でもカードを強制退会になると、他のカードでも契約しにくくなってしまうようですし、さらに別の所有しているクレジットカードについても失効させられてしまう場合もあり得るでしょう。強制退会とならずに継続して使用できる場合でも更新と同時に更新不可となることもあり得ます。しつこく言いましたが失効させられるような利用の仕方はどんな理由があってもすることがないように、クレジットカードをご使用頂きたいと思います。